ファクタリングの申込と契約の流れ

こんにちは!

新型コロナウイルス拡大より、約2ヶ月の間テレワークとなっていましたが、25日の緊急事態宣言全面解除に伴いオフィスへ出勤できるようになりました。

少しづつ通常通りの生活に戻りつつありますが、まだまだ安心できない状況が続いております。一日も早い収束を願うばかりです・・・。

ここまで、ファクタリングの種類や、メリット・デメリットなどを紹介してきましたが、実際に申し込む際はどのような手続きをするのでしょうか。

ファクタリングの申込と契約の流れを調べてみましたので紹介しますね。

ファクタリング 申込

出典元:photo-ac.com

はじめに、2社間ファクタリングの場合ですが、3社間ファクタリングと異なり、売掛先への通知が不要のため、手続き的には労力はあまり要しません。

大まかには、ファクタリング契約の締結、その後、売掛債権の買取代金の入金があって、売掛先からの入金という流れになります。

商品やサービスの提供を行い売掛債権が発生することで、ファクタリング会社にその売掛債権の買取申し込みを行うことができます。

それを受け、ファクタリング会社は売掛債権の債権内容を調査します。問題が無いようなら、ファクタリングする金額等の取引内容を確定していきます。

そして、ファクタリング契約の締結が行われて、買取した売掛債権の代金が振り込まれます。1ケ月~3ケ月後に売掛金の支払いがされたのち、ファクタリング会社に支払いをして取引はすべて完了となります。

3社間ファクタリングの場合は、3社間の合意が得られないと取引することができません。ほとんどのケースで債権譲渡登記が実施されることになります。

そのため、2社間ファクタリングと比べ、申込みを行い手続きをして取引が完了するまでには結構な時間と手間がかかってしまいます。

債権譲渡登記というのは、売掛金が二重に譲渡された場合、その売掛金がファクタリング会社のものであるという対抗要件を備えるためのものになります。

後々になって、言った言わないのトラブルを防止するため、承諾する際は、一般的に公正証書等の公的な文書で行われているようですからね。

ファクタリングの申込で必要をなる書類は、法務局で3ケ月以内に発行された履歴事項全部証明書(登記簿謄本)、会社の法人印の印鑑証明書です。

その他に、売上(債権)の根拠となる基本契約書、売買契約書、税務署の収受印のある法人税確定申告書。決算から6ケ月以上経過している場合は、試算表、売掛金の入金日が分かる請求書や納品書、注文書等が必要となります。

詳しくは、「ファクタリングの申込と契約の流れ」を調べるにあたり参考にした(https://www.factoring-today.com/)を確認してみてくださいね。